財布選びに悩む中学生!今話題の財布や、おすすめな財布を紹介

「中学生」というと、非常に微妙なお年頃です。小学生が持つような財布だと恥ずかしいし、かといって大人が持つような財布は早すぎます。そのため、どんな財布を選べばいいのか、選び方で悩む中学生やその親は多いです。

中学生の財布の選び方

中学生が財布を選ぶ際には、男女ともに4つのポイントがあります。

高すぎない財布を選ぶ

1つ目のポイントは、高すぎない財布を選ぶことです。一口に財布といっても、それは質によって値段が様々です。ノーブランドのものであっても、上質なレザーが施されていれば、ハイブランドのものよりも高い財布もざらにあります。ところが、中学生があまりにも高額な財布を持っているのは、自分で稼いだお金で買うわけでもないので、ミスマッチです。したがって、中学生が選ぶべき財布は、高くても1万円を超さないものが妥当であるといえます。

マジックテープからは卒業

2つ目のポイントは、マジックテープがついていない財布を選ぶことです。小学生が持つような財布には、扱いやすさを重視するために、マジックテープが施されていることも多いです。しかし、マジックテープには、キッズの印象があります。したがって、中学生になったら、ボタンやファスナーのついた財布を選びましょう。

中学生向けの雑誌で流行っているブランドを取り入れる

3つ目のポイントは、中学生向けのブランドを取り入れることです。このポイントは、重視しなくても良いですが、中学生にもなると雑誌などの影響で好きなブランド・人気のブランドなども出てきます。中学生向けの雑誌に出てくるような人気ブランドというのは、中学生のお小遣いで買えるようなブランドも多いです。そういったブランドから出ている財布だと、低価格のわりに気に入るものも見つかりやすいのでおすすめです。

高校生になっても使えそうなデザインのものを選ぶ

3つ目のポイントは、高校生になっても使えそうなデザインのものを選ぶことです。高校生になったらなったで、財布を買い替えることも多いでしょうが、高校生でも使えそうなデザインのものを選ぶことで、「子供っぽい」という印象を捨てられます。あまりにも大人が使うようなものだと「早すぎる」となりがちですが、中学生が高校生でも使えるようなデザインを選ぶことで、中学3年間できるだけ長く使える財布に出会えます。

どこで買ったらいいのか

中学生にもなると、「親と一緒に買いに行きたくない」という心理が働き始めます。そのため、おしゃれに敏感な子とそうでない子に差が出始めます。そこでおすすめなのが、ネットで下調べをする選び方です。ネットで、「財布」「中学生」「おすすめ」「人気」というワードを検索すれば、中学生向けの財布はたくさんヒットします。そこで下調べをすることで、中学生に相応しい財布の傾向を調査できます。

そのままネットショッピングで購入しても良いですが、実際に目で見ないと分からないこともたくさんあります。実際に目で見て購入したい場合には、雑貨屋などに足を運ぶと、中学生でも使えるような財布が豊富に取り揃えられています。特に女の子のブランドだと、その専門のショップや雑貨屋の中にブランドのコーナーなどがつくられているので、そこに足を運ぶとスムーズに購入できます。

まとめ

少しずつ心も体も大人になってきて考えることも増えてくる中学生、もちろん私にも中学生の時期がありました。
特に歴史の授業が好きで人の意思や感情などが交錯してたくさんの物語が生まれている
その背景を考えるのが楽しかったのを覚えています。
歴史というのは教科書に出てくるものってほんの一部でしかないのですが
それだと何だかつまらないかもしれませんので、
他の角度から歴史を学んでみるというのはいかがでしょうか?
例えばRaffaelloでは1000年以上前の王侯貴族や古代ローマの歴史をテーマにした革素材を扱っておりますので浪漫を感じて頂けるのではないかと思います。
学校では習わない歴史の側面を知るとますます歴史に趣を感じるかもしれません。
たとえば、エイシェントロイヤルシリーズの二つ折り財布は、古代の王侯貴族が愛した革素材と同じものを使用していてヴィンテージな味わいは抜群です。
そして、中学生のときは大人のオトコのように上質なバッグを持ち歩いて大人っぽさを演出する時代でもないので活発な子ならコンパクトな二つ折り財布がよいのではないでしょうか。
ちょっと背伸びしたお子さんでしたらスマートな長財布なんかも一味違う雰囲気でよいかもしれません。
多感な学生時代に歴史あるアイテムを持つことで知的好奇心が育まれ大人になった時に知的な男性に育つかもしれませんよ!
ぜひ、一度こちらをご覧になってください。
https://www.n-raffaello.com/?mode=grp&gid=1531953