財布を自分で作る!?初心者でも安心の作り方を伝授

「中々自分の思った通りの財布に出会えない」と感じたとき、それを解消するためのおすすめの方法が自分で財布を作ることです。一見すると、財布を作るなんて難しそうですが、作り方さえ分かれば、初心者でも簡単に財布を作れます。初心者でも作れる財布の種類として、レザーとがま口があります。

レザークラフトで財布を作る

まず、レザークラフトというと、どこか難しいイメージがあります。しかし、作り方さえ覚えれば、簡単だと言われているのが、レザークラフトです。特に財布であれば、難しい形にしない限り、簡単に作れます。レザークラフトで財布を作るポイントとして、3つのことがあります。

薄いレザーを使う

厚みのあるレザーは初心者では扱いにくいレザーです。なぜなら、縫い穴をあけるのに手間取るからです。したがって、初心者がレザークラフトで財布を作る場合には、薄いレザーを使いましょう。

シンプルな形にする

財布作りの初心者だと、難しい構造のものに挑戦するのはハードルがたかすぎます。したがって、シンプルな形の財布に挑戦しましょう。例えば、蛇腹財布ではなく、小銭やお札が入るのみの財布から挑戦するなどです。

専門家の意見を仰ぐ

初心者が1人でレザーだけ準備して財布を作り始めるのは、あまりにも無謀です。失敗することも多いので、専門家の意見を仰ぎましょう。レザーを購入するお店であるクラフト専門店の店員に、どういうものであれば初心者も作れるのか、相談すると良いです。また、今では初心者のための優秀なキットも販売されているので、そのキットについている説明書にしたがって作るのも1つの手です。

がま口財布を作る

がま口財布も、手作りできる財布の1つです。見た目がシンプルな分、その構造もシンプルなので、初心者でも挑戦しやすいハンドメイドです。がま口財布の作り方のポイントとして、2つのことがあります。

専門家の意見を仰ぐ

がま口財布は、作り方さえ分かれば様々なアレンジができるのですが、口金と布を接着させる際など、細かい作業が多いものです。そのため、初心者で初めて作る場合には、がま口財布を作るのが得意な方の情報を仕入れながら行うのがスムーズです。例えば、がま口財布の作り方は、ネットで写真つきでたくさんアップされているので、それを参考にしたり、手芸品店の店員さんに聞いたりすることです。年配の世代の方であれば作れる方もいるので、知り合いにそのような方がいれば教えてもらうのもアリです。

簡単なキットを購入する

がま口財布の命は、布を型紙通りに切ることです。むしろ、これさえできれば後はスムーズに作業ができます。今では、ダイソーやセリアなどの100円ショップでもがま口財布の口金が販売されています。しかも、がま口財布の口金だけではなく、それとともに、型紙と説明書が一緒になって販売されています。その中には、初心者でも簡単に作れるシンプルなものもあります。したがって、近くにがま口を作るのが得意な方がいない場合や、とりあえずちょっとだけやってみたいというような場合には、100円ショップのがま口財布のキットを購入してするのもおすすめです。

まとめ

一流の革職人の作品とはいかなくても自分で仕立てた革製品のエイジングは格別なものです。メンズの財布なんかではシンプルなデザインのものも多いので上質なレザーを手に入れて一度作ってみるのはいかがですか?
もちろん、プロの革職人が作ったものほど長持ちはしないかもしれませんが、
革製品への愛着も増しますし素晴らしい革製品を手に入れたときの大切さも増します。
始めてでいきなりレザーに挑戦するのが心配ならば比較的簡単ながま口からチャレンジするのもいいかもしれませんね!