20代男性に人気!今流行りの革財布はどんな財布?

赤色のサイフ

20代のメンズ財布は社会人になりたての人なら
無理なく購入できる価格帯のものが人気で、
有名ブランドの製品もたくさん見つけることができます。

まだ若い世代だけにファッション性が求められる一方、
大人の男性、社会人としての風格を求める傾向も見られています。

革財布、長財布などなど

革の財布

20代に入ると人生に大きな変化が生じるもの、
その影響が財布選びにもあらわれるものです。

まず経済状況が大きく変化しますし、
学生から社会人になるという環境の変化も非常に大きな意味を持ちます。

ファッション性や流行を重視して選んでいた財布も
社会人としてふさわしいかを意識するようになりますし、
また万単位の価格がする財布を無理なく購入できる経済力が手に入ります。

ちょっと背伸びをして高価なものや有名ブランドのものを選ぶことも出てくるでしょう。

また財布と風水を結び付けて考える人が出てくるのも20代の特徴でしょう。

とくにメンズ財布は長財布が金運を呼び込むとよく言われており、
選ぶケースがよく見られます。

「目標とする年収の○○分の1程度の財布を買うといい」といった話も
よく聞かれる話です。

こうした話にどれだけ根拠や信憑性があるかはともかく、
20代の財布選びに大きな影響を及ぼしていることは間違いありません。

全体的に見て革財布と長財布の人気が高いのが20代の傾向といえるでしょうか。

どんなものが人気?

20代に人気のメンズ財布の代表格といえばポールスミスがまず挙げられるでしょう。

イギリスのブランドで財布だけでなくバッグでも高い人気を得ているブランドです。

適度な上質感と若い世代にフィットするデザイン性が特徴で、
重すぎず、かといって軽すぎず、絶妙な感覚が若い世代に評価されています。

本格的に皮財布に手を出したいけどあまり渋すぎるのはちょっと…
といった方にも適しています。

20代前半、社会人になったばかりの方や、就職祝いなどにも適しているでしょう。

20代後半、社会人としての生活や立場に慣れてきた人たちが
ワンランク上の革財布を検討したときに
選択肢によく挙がるのがボッテガヴェネタです。

高級ブランドとして世代を問わず人気のブランドですが、
とくに女性からの人気が高いブランドとあってファッションの意識が高い、
そのためのお金もある20代後半~30代前半の男性の間で人気があります。

メンズ財布の中ではもっともおしゃれで洗練されたデザイン
備えているブランドともいえるでしょう。

20代全般で安定した評価を得ているのがコーチです。

コーチといえばファッションに興味がない方でも名前は聞いたことがある、
という超有名ブランドですが、どちらかというと女性向けのイメージが強いのに対し、
メンズの革財布は意外なほどシンプルで落ち着いたデザインになっており、
まさに違いのわかる大人に似合うものになっています。

おしゃれ感や派手なデザインはもう卒業した、本物の上質感を重視したい、
自分も落ち着いた風格のある男になりたい、
そんな大人の男性にピッタリなアイテムでしょう。

定番以外の人気どころは?

こうした有名どころ、20代のメンズ財布の定番どころ以外にも
幅広い人気を得ている財布がたくさんあります。

たとえば国内ブランドのキプリス。海外勢に比べると
どうしても知名度が落ちるきらいもありますが、
革製品が好きな人にとってははずせないブランドです。

二つ折り財布が多く、人気の長財布は持ちづらい、
使いづらいと感じている人たちからも評価を得ています。

このブランドはなんといってもコストパフォーマンスが高い点が高く評価されており、
海外の一流どころに比べてもそん色ない品質と、
1万円程度で購入できるリーズナブルな価格設定が評価されています。

20代は友達づきあいから自己投資、
恋愛などいろいろな面でお金がかかるもの、
誰もが高価なブランドを購入できるわけではないだけに
このコストパフォーマンスは見逃せないものがあります。

ほかにももう少し高い年齢層向けのイメージが強いダンヒル、
コーチ同様女性向けのイメージが強いグッチなども
意外に20代の男性から高い評価を得ているブランドです。

今流行っているもの、根強い人気を得ているもの、
意外な魅力を備えているもの、
いろいろな観点からチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

20代っていう響きはとてもいいですね、
まだまだ人生これから!
みたいなハツラツとして希望に満ちている感じがします。

そんな20代の男性にピッタリなRaffaelloのオイルドレザーの財布を
ご紹介したいと思います。

皮革の王様である極めて生産数の少ないコードバンのような
独特の艶と手触りを表現したオイルドレザーは使い込むごとに
革の光沢の深みが増していき品格溢れる表情になっていきます。

その経年変化で光沢が増していく様はまさに
20代のオトコが大人のオトコに成長し品格や風格を
手に入れる過程によく似ていると私は感じます。

ぜひ、一度ご覧になってください。
https://www.n-raffaello.com/?mode=grp&gid=1548660