今使っている革の財布は何革でしょうか?革によって違うお手入れ方法

革の財布と一言でいっても、いろいろな革から作られています。そして革というのは、その種類によってお手入れの方法が違ってきます。ここでは、いろいろな革に合わせたお手入れ方法をいくつか紹介していきます。

顔料仕上げがされたお財布のお手入れ方法

ここでは「顔料仕上げ」がされた革のお手入れ方法についてご紹介します。「顔料仕上げ」というのは革を着色する方法の一つで、もう一つ「染料仕上げ」というものもあります。この2つの特徴を少し見てみましょう。

顔料仕上げ

顔料と呼ばれる着色剤を用いて、まるでペンキをしっかり塗るときのように着色を施したものを指します。特徴としては革に多少のキズやシワがあっても着色剤で覆うことで隠すことができます。また経年変化が起こりにくいので、買ったときの状態を維持できるという特徴もあります。

染料仕上げ

革の表情を損なうことなく、透明度の高い塗膜で覆うのが染料仕上げの特徴です。そのため素材そのものの味を失うことがなく、経年変化による色の移り変わりも楽しめるといった特徴があります。
2つの仕上げの違いが少しわかっていただけたと思います。
では「顔料仕上げ」された革のお手入れ方法について詳しく見ていきましょう。
まず両方に共通するお手入れ方法としては、最初にするブラッシングがあります。ブラッシングで表面のホコリや汚れを取るというのは共通のお手入れ方法です。使うブラシは目の細かい馬毛のブラシを使うと、より効果的にホコリや汚れを取ることができます。
ブラッシングでも落ちない汚れを落とすにはクリーナーをつかっていきます。布にクリーナーを薄くのばしたら、それで財布全体を丁寧に拭いていきましょう。汚れが落ちたら次は「顔料仕上げ」の革に対するお手入れ方法となります。
汚れがしっかり落とせたら、次にクリームを塗り革に栄養を与えるのですが、このとき一つ注意してほしいことがあります。「有機溶剤」が入ったクリームを絶対に使ってはいけないということです。この「有機溶剤」は顔料を落としてしまうからです。誤って使ってしまうと色がはげてしまいますので、この点は注意が必要です。クリームに「有機溶剤」が入っているかどうかは、クリームついているラベル見ると確認できると思いますので、使用また購入前にはしっかりと確認しておきましょう。

クリームをムラなく塗り込めたなら、次は豚毛のブラシを使い余分なクリームを除去しつつブラッシングを行ってください。
最後はから拭きをしてお手入れは終了となります。
手入れを怠らず、長く大事に使っていけるように心がけていきましょう。

クロコダイルのお手入れ方法

ここではクロコダイル革の財布のお手入れ方法をご紹介していきます。
まずクロコダイル革とはどのようなものかを紹介していきます。
クロコダイル革というのは、みなさんもご存知かもしれませんがワニの革を用いたものです。ワニの革といってもいくつか種類があるのですが、クロコダイル革はその中でももっとも高級なワニ革です。特徴としては耐久性にすぐれ、ウロコ模様の立体感を感じられる革であること、水濡れに弱いという弱点があることです。
存在感抜群のクロコダイル革ですが、お手入れするにはどのようにしたらいいのでしょうか?
クロコダイル革をお手入れする際には、クリーナーは一切使わずブラッシングのみで汚れを落としていきます。
あとはほかの革と同じようにクロコダイル専用の区ルームを塗っていきます。財布全体にしっかりクリームを馴染ませることができたら、あとは乾拭きをしてお手入れ終了です。それほど難しいお手入れ方法ではないので、エキゾチックレザーの代表ともいわれる高級なクロコダイル革ですから、定期的に手入れをして長く大事に使ってあげてください。