オイルレザーをお手入れして独特の質感を甦らそう

最初にオイルレザーとはどのようなものかを簡単に説明します。
オイルレザーとはタンニンなめしを行う際にオイルを染み込ませることで、革の耐久性をまし、よりしなやかになった革のことを言います。オイルを染み込ませることによって、触り心地はしっとりし、上品な光沢が生まれます。また使い込むほどに革の中のタンニン成分が酸化していき、それにより味わい深い風合いへと変わる経年変化を楽しむことでできるのもオイルレザーの特徴です。
ここではそんなオイルレザーが使用された靴のお手入れ方法について見ていきましょう。

手入れの準備

オイルレザーの革靴のお手入れするためにも準備として、まず靴紐を外してください。靴紐の周辺というのは汚れやホコリがたまりやすいので、お手入れの際の見落としを防ぐためにも靴紐外しておきましょう。またお手入れする革靴にあったシューツリーがあれば革靴に入れておきましょう。シューツリーをすることで革靴のシワが伸び、シワの中の汚れを見落とさずにすみますし、クリームを塗り込む際にもシワの中までしっかり塗ることができます。準備ができたら、いよいよお手入れ開始です。

お手入れ方法

まずほとんどの革製品で行う最初のお手入れ方法がブラッシングです。コパの部分など埃がたまりやすい部分も忘れずに行ってください。ブラッシングにより表面のホコリや汚れを取り除くことは、革のお手入れでは基本となります。次にブラッシングでも取れない黒ずみなどの頑固な汚れは生ゴムを使うと良いでしょう。ブラッシングでは気になる汚れを見つけたら、その汚れた部分を生ゴムでゴシゴシと磨きましょう。磨いているうちに段々と汚れが落ちていきます。このとき皮に含まれた油分も一緒に落ちてしまい色が薄くなっていきますが、次の工程で補色するのであまり気にすることなく、汚れを取ることに集中してください。
生ゴムでの汚れ落としが終わったら、次に行うのがクリーナーをつかった汚れ落としです。クリーナーを布に薄く延ばして革靴の表面を軽く拭いてください。生ゴムでも落としきれなかった汚れも、クリーナーを使えばきれいに落とすことができるかもしれません。
生ゴム、クリーナーによる汚れの除去が終わったら、次に行うのが色を補うためのクリームを塗ります。この時クリームは塗る革靴に合った色のものを選んでください。似たような色がなければ絵具のようにクリームを混ぜ合わせて似た色にするといいと思います。またクリームを選ぶ際に乳化性のものを使用すると、オイルレザーの持ち味であるカジュアルさを損なってしまうことがあります。オイルレザーの風合いを消さないためにも、乳化性のクリームは使わないよう注意しましょう。クリームをムラなく塗り終えたなら、次は表面に残った余分なクリームを取り除くためにブラッシングを忘れず行ってください。
クリームにより補色が終わったら、次は仕上げに油性のクリームを塗り込んでいきましょう。光沢が出るのがあまり好きではない人は、油性のクリームを塗るだけでよいと思います。革が油分を吸収し、次第に本来の色へと戻ってきます。油性のクリームを塗ったら、一晩寝かせておくと油が靴全体にムラなく広がっていきます。また油が革に浸透しやすくなる効果もあるので、ぜひ油性のクリームを塗った後は一晩おいてください。一晩おいて革にしっかりと油分が浸透したら、最後に仕上げのブラッシングを行いお手入れは完了です。

 

オイルレザーのお手入れ方法をさっと見てきましたがいかがでしたか?お手入れする前と後ではまったく違うものになっていませんか?オイルレザーにとって油はとても重要なものです。長く大事に使い続けるためにも、定期的なお手入れは欠かせません。お手入れをしっかり行えばいい状態で長く使えるはずですので、ぜひとも行ってください。