大切な革製品をお家でお手入れしてみては?

大切な革製品。長く使っていきたいけれど、“汚れ”が気になる、と言う方も多いと思います。
乾いたタオルで優しく拭いても落ちにくい汚れもあります。
とは言え、「水に弱い」革製品を洗濯機で丸洗いするなんてもってのほか!
革製品を綺麗に使い続けるのは本当に気を使いますよね。
そんな事を気にしていたら普段使いできないじゃない!
何とか、革製品の汚れを落とす方法はないかしら…。
高価なものだけに悩みも深いですよね。
皆さん、革製品の汚れ、どうしていますか?

革製品のお手入れはドライクリーニング?

愛用の革製品の汚れが気になった時にはドライクリーニングに出す、という方も多いようです。
確かに一つの選択肢ですが、デメリットもあります。
デメリットの一つは「クリーニング代が高い」ということです。
もちろん製品によって値段に差はありますが、大体5千円から高い時には2万円程かかる場合もあるのです。
いくら大切な物とは言え、少し考えてしまう金額です。

もう一つのデメリットは「クリーニングに時間がかかる」ということです。
こちら製品によってクリーニング期間に違いはありますが、大体数週間から長いと1ヶ月以上かかる製品もあります。
大切な革製品をクリーニングに出す場合、店も選んでしまいます。
上手にクリーニングしてくれるお店は混んでいますから、それくらい期間がかかっても仕方がないのかもしれません。
しかし、いざという時にお気に入りの革製品が手元にない!なんてことを考えるとやはりもっと早くクリーニング店から戻ってきてほしいものですよね。
お金も時間もかかる革製品のクリーニング。
それを考えると、何より大切な革製品を自宅で、自分の手でクリーニングしたい!
そう思われる方も多いのではないでしょうか

実は革製品専用洗剤があるんです!

インターネット上では革製品用洗剤が販売されています。
しかもなんとお値段は千円台から高いものでも数千円で手に入るのでクリーニングに出すより断然お得です。
普段から革製品を愛用している方はぜひ革製品専用洗剤を試してみてはいかがでしょうか。

革製品専用洗剤はどのようなものがあるのでしょうか。
革製品専用洗剤にもいろいろなタイプがありますが、最もポピュラーなのは「スウェードシャンプー」や「レザーシャンプー」と呼ばれるものでしょう。
これには液体と泡状のものがありますが、効果は変わりませんので、お好みで使い分けていただければよいでしょう。

ただし、液体の形状の場合、原液のまま使うか、薄めて使うか洗剤によって違いがあるので、使用前に必ず確認が必要です。
洗剤の使い方を間違えて大切な革製品を台無しにしないよう十分気を付けてくださいね。

お手入れの仕方はとても簡単です。

①革製品を丁寧にブラッシングします。

②濡れたタオルで革製品全体にゆっくり丁寧に水を含まていきます。

②スポンジなどにスウェードシャンプーを含ませ、泡立たせてから革製品を優しく洗います。

③洗い終わったら、新しいスポンジに水を含ませ、泡を完全に取り除きます。

④陰干しをして乾燥させます。

 

簡単とは言え、手で優しく丁寧にお手入れするにはそれなりに時間もかかります。
また鞄や財布等の小物であれば手作業でもあまり大変ではありませんが、これが革ジャンのような重くて大きい製品だったら、手作業でお手入れするのも大変そう。

革製品が洗濯機で洗えれば労力も時間も短縮できるのに。
そうお考えのあなたに朗報です。
洗濯機で大きめの革製品が洗える製品があります。

これも使い方はとても簡単。

①汚れが目立つところに洗剤を付けたスポンジで拭きます。

②洗濯機に革製品専用洗剤と柔軟剤を入れて洗濯します。この際、必ず革製品は洗濯用ネットに入れてください。

③陰干しします。

 

以上!

こんなに簡単に革製品がお手入れできるなんて、夢みたいですよね。
ただし、汚れが目立つところに洗剤をつける前に目立たないところで、色落ちしないかどうかの確認は事前にしてください。

革製品の洗剤は「中性または弱酸性」の性質を持っています。
万が一「アルカリ性」の洗剤を使用してしまった場合、革製品を傷める原因になりますので、十分に注意してください。

お家でお手入れすれば値段も安く、時間も短縮され、そして匂いやカビもすっきり!!
何より自分の大切な革製品をご自分の手でお手入れが出来る喜びもあります。
大切な革製品を長く使い続けるためにお家でこまめにお手入れすることを考えてみてはいかがでしょうか。