革小物を濡らしてしまったら。ケア方法を教えます

大事にしている革小物を洗濯してしまったり、濡らしたり。そんなとき、どうしていますか?
間違ったケアをしてしまうと、お気に入りの革財布も台無しになりかねません。そうならないために、簡単にできるお手入れ法をお教えします。

まずやることは

革財布などの小物を洗濯してしまったとき、まずやることは「形を整えて、風通しのよいところでの陰干し」です。「早く乾かしたいから、ドライヤーでゴォ~!」とか「日当たりのよいところにおく」なんてことは厳禁です。それは革が縮む原因となり、最悪の場合には元に戻らないことになります。
まず、乾いたタオルなどで、表面を軽く叩くように水気をとってください。その時は擦ったり、強く叩かないように。傷をつけないよう丁寧におこなうことがポイントです。
そして、財布やバッグなら、新聞紙などを中に入れて形を整えから、風通しの良い場所で陰干しします。水分が抜けるまでしっかりと乾かしましょう。外側は乾いていても、内側に湿気が残っていたりしますから注意してください。あせらずに時間をかけることが大切です。

油分の補給を十分に

乾いてから、次にすることは「油分の補給」です。とくに、洗濯してしまった場合は洗剤が油分をとってしまっているので、革はパサパサしています。そこへ十分にしみ込ませることが重要です。
革用のオイルやクリームを塗り込んで油分を補ってやることで、元のツヤと風合いが戻ってきます。
オイルやクリームを塗り込むには、まず指先に柔らかい布を巻き付けて、そこにクリームをつけます。そして、革の表面を円を描くような気持ちで、ムラができないように注意しながら優しく、薄く塗り広げてください。この時も、強く擦ったりは厳禁です。
慣れていなくて自信がないという方は、まずは少量を革製品の目立たない部分から塗り、コツをつかんでから全体にとりかかるとよいでしょう。
塗りこみ終わったら、最後にブラシをかけて完了です。元のようなツヤが出てくると思いますよ。 

雨で濡れたら

さて、洗濯以外に雨で濡れる場合もあります。その際のケアには、ちょっとしたコツがありますので、それも知っておくとよいでしょう。
「雨でびしょ濡れになった」という場合は、洗濯してしまった後のケア方法と同じで大丈夫です。ただ、靴の場合は泥がついていると思いますので、それをよく落としてから陰干ししてください。
「小雨に濡れた」とか「水がかかった」というような、「部分的に濡れてしまった」場合のケア方法には、コツがあります。
部分的に濡れた時は、そのまま乾かしたのでは斑点状にシミとなって残ります。そうならないようにするために、部分濡れが乾かないうちに、全体を同じように濡らしてしましょう。
濡らした柔らかいタオルなどを使い、馴染ませるように優しく全体を水拭きします。そうしておいてから、形を整えて風通しの良い場所で陰干しします。その後のお手入れは、先に紹介したケア方法で大丈夫です。

日頃からもお手入れを

日頃からお手入れすることで革製品は長持ちするし、いつまでも風合いを保ちます。それがまた、濡れてからのリカバリーにもよい影響があるでしょう。
第一に、表面の汚れを落とすブラッシングをします。柔らかいブラシで優しく汚れを落とします。
次には、防水スプレーをかけます。水濡れに弱い革を、それで少しでも守れます。
さらにそこへクリームを塗り、油分を補給してやります。
最後に、布を使って革の表面から余分なクリームを拭き取り、さらに軽くブラッシングして終わりです。ブラシをかけることで、革表面のくぼみに残る余分なクリームを落とし、ツヤも出てきます。

お気に入りの革小物を長く使い続けるために、ぜひ実践してみてください。